※居合には使用できません。

平家一門の家宝であったと伝えられる、刀工「天国」作。

刀身の先端から半分以上が両刃になっております。
これを鋒両刃造(きっさきもろはづくり)と呼び、以降、鋒両刃造のことを小烏造と呼ぶようになりました。

桓武天皇の時代、大神宮(伊勢神宮)より遣わされた八尺余りある大鴉によってもたらされたと伝えられ、
小烏丸の名はその大鴉の羽から出てきた事に由来しております。

柄と刀身は緩やかな反りを持っているが刀身の先端から半分以上が両刃になっていることから、
断ち切ることに適さず、刺突に適した形状となっております。

居合の練習としても使用できます。

全長 約106cm
刃長 約71cm
重量 1160g
刀身/刃紋 亜鉛合金(薄刃仕上)/直刃二重刃紋
鞘塗 黒石目鞘
柄糸/鮫皮 純綿黒糸/本鮫皮使用
付属品 布袋付
納期に時間がかかる場合がございます。
※詳しい納期を知りたい方はメールにてご連絡ください。

お手頃価格 【美術模造刀剣】平氏家宝 ZS-111 小鳥丸-置物

PAGE TOP